BIN
  • LOGIN
  • ACCOUNT
  • CART0

"BIN別注"アイテム対談
飛世(EFILEVOL)×松井(BINTokyo)

2017/4/26





BIN×EFILEVOL/ RP Pants "KHAKI"
BIN×EFILEVOL/ SD shorts "KHAKI"
 

今回、BIN Tokyo, Toyama店頭でしか買えない限定別注アイテムを製作いたしました
 

今回、別注アイテムを製作するにあたっての経緯を
EFILEVOLデザイナー&ディレクターを務める飛世と
元々、EFILEVOLが大好きで大学生の頃から
BIN(当時はエス・エイチ・オー・ピー)で働き続けている松井による対談形式でお伝えします。



------------------------------------------------------------------------------


松井:お疲れ様です。笑

飛世: お疲れ様です。笑

 

松井: 今回、僕と飛世さんで企画して製作した別注アイテムについて、
また新体制へと移り変わったEFILEVOLについて、
いろいろお話できればと思います。よろしくお願いします!

 


 

松井: まずは今シーズンのコレクションテーマである
「FRESH」にはどういった想いが込められているんですか?

 

飛世:  この17S/Sからエフィレボルの体制が変わって、
ロゴから何から色々と新しくしたんだよね。

1回目ということもあって、
今までのエフィレボルとはまた少し違うフレッシュな感じを出したいと思って、
単刀直入にFRESHってテーマにしました。

松井: なるほど。毎回、個人的に思うのですが、
これだけコレクションテーマによって様変わりしているブランドは珍しいですよね?
だから、僕個人としても飽きないですし、実際に接客をしていて、
お客さんも飽きずに毎シーズンワクワク楽しんで買い物をしてくれています。

 

飛世: そうだとしたら、嬉しいよね。
ホントはブランドって一貫してブレないって事も重要だから。


最初ブランドの立ち上げ当初はコレクションによって見え方がガラッと変わるから、
それに付いてこれないお店様とかもいたよ、申し訳ない話だけど。

だけど何シーズンか続けていくとそれ自体を楽しみにしてくれる様になって…。
ありがたい話だね。






松井:  EFILEVOLの強みって、
"ゆるさ"だったりユーモア溢れるメッセージ性の効いたデザインなど
様々な要素が挙げられるかと思いますが、アイテムでいうと"パンツ"だと思うのです。
枠にとらわれずに毎シーズン、いろんなシルエット、
種類のパンツがリリースされていて、自分に合った1本がコレクションの中に必ずある。

今季のコレクションの中でも、デザイナーである
飛世さんイチオシのパンツはどれになるのでしょうか?



飛世: どれだろー。結構全部好きです。笑
好きだから作るというのか…
今回のコレクションのパンツは、今まで自分が過去に穿いてきたパンツに対して敬意を払い、
その中で自分ならここをこうしたらもっと良くなるなってものがラインナップされてます。






松井: 今季のLOOKの中でもメインとして扱われているRPパンツは、
業界関係者しか入れない展示会でも好評で、
BINでも発売以降男女問わず人気を集めている1本です。

このパンツを製作するに至った経緯、なぜ、このデザインなのか?をお聞きしたいです。



飛世:  昔から持ってるワークパンツが元なんだけど、
パターンの勉強とかすると、この脇に縫い目がないパターンって面白いなって。
普通、布帛のパンツにはないよね。スウェットパンツとかだったら普通だけど、
人間の腰の曲線とか完全に無視してるし。笑
縫い目が無いからこれ以上ないストレートなシルエットだし。
潔さが今回のFRESHってテーマにも合ってるなと思いデザインしました。








松井: 僕も個人的に購入していて、
店でもよく履いているのですが、このシルエットがすごく新鮮!
フロントのスナップボタンも楽チンで嬉しいです。



飛世: 今逆に新鮮だよね。いい意味で上に着るものによってどっちにも転べるし。

スナップは新しくなったエフィレボルではパンツ、トップス問わずに結構使われてるんだけど、
個人的にこの付属が学生の頃から好きで。

表面に何も見えない感じも、付属自体のデザインも好き。

人が手で縫い付けなくてはいけないから、
工場によって、付ける人によって綺麗さがマチマチなのも好き。




松井: ただ、個人的にこのパンツには1つ不満があるんですよね。
それはカラーが白、黒、インディゴしかないということ。
ということで、今回、別注をかけて特別に限定”カーキ”カラーを作っていただきました!



飛世: なんで、カーキが良かったんだっけ??




松井: ここ数年でミリタリーがまたキテいることでカーキも人気の色味になってきています。
その流れでワーク系のカーキのパンツを探されている方が店頭でも増えてきました。

だけど、ブランドの新品ものだと綺麗すぎたり、
古着屋で探すと野暮ったいものが多くて、
買うまでに至らないという声が実際に接客している中でけっこう多くて。。
僕もそういった一人なんですけど。



飛世: ミリタリーは「永遠にカッコイイ」ジャンルの1つだし、
そのミリタリーを代表する"カーキ"は流行り廃りなく使い続けられるカラーだもんね。





松井: 製作するにあたり、
飛世さんと一緒に生地選びをしていて、ようやく決まったのがこの生地。
この厳選したカーキのチノ地は、良い意味での男臭さと適度な光沢が
野暮ったくなりすぎないナチュラルな雰囲気を併せ持っていて1年中使ってもらえます。
目が詰まっていて耐久性にも優れているので、ガンガン履き潰していただければと思います。


飛世: 良いと思います。

松井: RPパンツの話ばかりになっていますが、
同生地でもう1型、別注アイテムを作っています!



飛世: 夏の必須アイテムっすね。笑






松井:涼しく、動きやすいファッションといえばショーツ。
GWに旅行やアウトドアを楽しまれる方にはうってつけのアイテムですね。
このショーツはウエストがイージー仕様なので、とにかく楽なのが嬉しい。。
カーキは飲み会で酒をこぼしたり、こぼされても、
あまり汚れも気にならないですし!



飛世: どんな飲み会してんだよ。笑
自分も夏本番はショーツばかり穿いています。笑


 

直近のGWのみならず、これからの季節に重宝すること間違いなし!
BIN店頭でしか買えないパンツ&ショーツは

今週末、4/29(土)発売開始!!





是非、店頭でご覧くださいませ。




ACCOUNT
Twitter
Facebook
Instagram




BIN Tokyo
〒153-0042
東京都目黒区青葉台1-9-6
03-6416-0634
info@shop-tokyo.jp


BIN Toyama
〒939-8085
富山県富山市中野新町1-3-2
0764-64-5153
  • facebook
  • twitter
  • instagram
商品10,000円以上ご購入で送料無料

Copyright© 2018 BIN.All rights reserved.【掲載記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】