JUNKERS (ユンカース) / 6070-2QZ

型番 6070-2QZ
定価 36,720円(税込)
販売価格 36,720円(税込)
Color
Size

SOLD OUT


Black



JUNKERS[ユンカース]は、
第一次世界大戦中に多くの先進的な航空機を開発し、
ルフトハンザ航空の前身としても知られるドイツの飛行機・エンジンメーカーの名前を冠した
ポインテック社のウォッチブランドです。
ポインテック社の腕時計ユンカースと、航空会社ユンカースとは直接関係ありませんが、
ユンカース社の戦闘機やコックピットの計器類を
イメージした数々のデザインはドイツの伝統技術の継承をアピールしています。

時計自体のデザインもそうですが、ブランドロゴにもその歴史が現れています。
このブランドロゴのデザインはプロペラエンジンがモチーフになっています。

ユンカース バウハウスの魅力は、
どのモデルを見ても究極とも言える「シンプル」なデザインにあります。
シンプルに仕上げれば仕上げるほど本当に難しく、デザイン性が要求されます。

どのモデルを見ても余分な装飾はなくシンプル。

また、この時計はクォーツなので置いておいても止まらず、
機械式時計が苦手な方にもお勧めです。



バウハウスとは1919年にドイツのワイマールに設立された
美術、写真、デザイン、建築などの教育をする学校です。

当初はドイツのワイマールにて「国立バウハウス・ワイマール」として設立されましたが閉鎖され、
1925年にドイツの[デッサウ]に移して、
国立から私立になり「市立バウハウス・デッサウ」として設立されました。

このデッサウにて、バウハウスとJUNKERS{ユンカース]は共同作業的な協力関係になります。
デッサウでエンジンの製造をしていたJUNKAERS[ユンカース]は、
資金面などでバウハウスを援助していたと言われています。

また、どちらも反ナチス派で、1933年にナチスによってバウハウスが閉校に追いやられると
ユンカースも、ナチスにより会社や特許などが奪われ、軟禁状態になります。

あまり語られることでがないですが、バウハウスとユンカースが同じデッサウの地で
共同、協力していたのは、とても興味深い話です。


ユンカース社の創業者であるヒューゴ・ユンカースは
世界初の2気筒エンジン「ユンカースモーター」を発明した人物です。

優れたエンジニアであると同時に、
20世紀初頭ドイツに起こった表現主義と呼ばれる芸術運動の重要な後援者でもありました。
作家たちへの物心両面にわたるサポート、芸術への理解と協力を通して親密な交流と関係が、
デッサウ(ドイツの都市)を中心に活動したバウハウスの芸術家達と築き上げられました。

高名なバウハス派のデザイナー、建築家として知られるマルセロ・ブライヤーは
「優れた作家はエンジニア(技術者)の意見に耳を傾け、一緒に作品を作り上げてゆく」
と語っています。

時代の先駆者であり傑出したエンジニアとして、
また強力な後援者としてヒューゴ・ユンカースは
バウハウスの哲学「美の追及その精神」を彼自身の航空機哲学に引き継いでいるのです。


このモデルはドイツ語で「建築の家」を意味する美術と建築に関する総合的な教育を行った学校
「バウハウス」との深い繋がりから誕生したモデル。

そのモデルを身につける上で
ユンカースとバウハウスの歴史を知っているとより愛着が湧いてくるのではないでしょうか。

Black






視認性の高さや、気軽に手が届くこなれた価格隊も魅力のひとつです。
航空計器をモチーフにしたデザインと、
質実剛健なドイツの物づくりが見事に融合したユンカースの時計は、
時計ファンだけでなく、航空ファンにも人気が高く、
ドイツだけにとどまらず世界中で評価されています。
見た目だけでなく、実用性から生まれた「機能美」が特徴的なドイツのユンカース腕時計。

DISCRIPTION

ユンカース(JUNKERS)は、第一次世界大戦中に多くの先進的な航空機を開発し、ルフトハンザ航空の前身としても知られるドイツの飛行機・エンジンメーカーの名前を冠したポインテック社のウォッチブランドです。ポインテック社の腕時計ユンカースと、航空会社ユンカースとは直接関係ありませんが、ユンカース社の戦闘機やコックピットの計器類をイメージした数々のデザインはドイツの伝統技術の継承をアピールしています。


COLOR

Black

SIZE

Free

SPEC


MATERIAL



Top