夏に欠かせない “Sunglasses”

 

フレームやテンプルのデザインからレンズのカラーまで、
様々な組み合わせでスタイリングを演出する、夏に欠かせないアイテム「サングラス」。
BINでは今シーズン様々なデザインのアイテムを幅広く展開しています。

 

Amber×Gray

Black×Green

Black×Gray

EFECTOR×EFILEVOL / AW Sunglasses/ Amber×Gray, Black×Green, Black×Gray

 

[EFFECTOR]
ベーシックな中に東京らしい感性を取り入れながら、
ハンド・メイド・イン・ジャパンにもこだわり、
日本の眼鏡生産地で職人の仕上げによるしっかりとしたディテールも大切にしています。
ベーシックなモデル名のほとんどは、ギターなどに使われるエフェクターの名称に由来。
ロック・カルチャーやアイコンをベースにしながら、
ビートニク・カルチャー、カリスマアイコンなどを
イメージソースにしたプロダクトも生まれており、
そのオリジナリティはクリエイターやファッション・カルチャー方面からも支持されています。

 

モデル名にもなっている”AW”の由来は
ポップアート界の巨匠アンディーウォーホルが
生前にかけていたメガネがモチーフになっている事から、名付けられています。

フロントはEFFECTORらしい、8mm厚のボリューム。
キーホールブリッジが印象的なボストンタイプのモデルです。

味わいのある、独特の雰囲気を持っています。

 

 

鯖江の職人によって、手作業で製作されていることを示す
「hand mede in japan」という刻印。

鯖江の職人による手仕事は、丁寧で間違いありません。

 

 

国内生産にこだわっているエフェクター。
安定感のあるノーズパッドが、日本人の鼻の高さに非常にしっくりきます。

 

 

Amber×Gray

 

Black×Green

 

 

 

 

ずり落ち無しの掛け心地は、是非一度お試し頂きたい逸品。

ピシっとキメたい時も、すこしハズしたい時も、
どんなスタイルにも馴染むデザインが魅力です。

 

 

 

Clear×Purple

ayame×THE NERDYS/ CIRCLE sunglasses/ Clear×Purple/ ¥27,000+tax

 

[ayame](アヤメ)
2010年創業の日本製アイウェアブランド。
温故知新を基に、いつの時代も色褪せないカタチの創造を目指し、質の高い製品を追求。
自社ブランドのみならず、国内外のアイウェアデザインやディレクションを行う。
2016年、SWANSと協業したスポーツサングラスがアイウェアオブザイヤーを受賞。

 

THE NERDYSと共同制作で携わっているのは
ファッション界で圧倒的な支持を獲得し
突出したセンスが特徴のアイウェアブランド『ayame』。

 

メガネの産地として有名な、福井県鯖江市の職人によって
生産されていますのでクオリティーが非常に高いのが特徴。

 

 

 

セルロイド製のこちらのメガネは
市場の9割を占めているアセテート製に比べて衝撃に強いのが特徴です。
そのため使っているうちに歪んできたり、曲がったりしにくいという長所があります。

 

“使用者の気持ちを考えて作るからこそ、素材からしっかり拘る。”
作り手の気持ちが伝わる、そんな一本です。

 

 

Clear×Purple

 

 

 

 

また、クリングス(鼻パッド)を採用することでフィット感の向上を図り、
道具としてのクオリティーを高めることに成功したアイテムです。

 

 

Clear×Purple


Black×Gray

ayame×THE NERDYS/ ALLEN glasses/ Clear×Purpel, Black×Gray/ ¥28,000+tax

 

THE NERDYSデザイナーNERKLEが敬愛してやまない人物である”ウディ・アレン”。
こちらのサングラス「ALLEN Glasses」は
ウディ・アレンがかけているメガネをイメージして制作されました。

ウディ・アレンが愛用している型は
ブランド自体が消滅してしまい、現在は生産されていません。

この型のめがねは多数あるアイウェアブランドを探しても類を見ないのです。
現在はアンティークか復刻版でしか手に入れることができません。
それゆえ、ファンの間では非常に高価格で取引されるほど。

そして、その憧れのメガネをただ模倣するのではなく、
あくまでもオマージュとして、オリジナルへと昇華させるのがTHE NERDYSの拘りでもあります。

フレームに自然に馴染むよう、それぞれ違う色のカラーレンズがはめ込まれています。

 

 

フレーム素材にはセルロイドを使用。
ヴィンテージに見られる質感を忠実に再現しています。

 

ウディ・アレンがかけている型にはクリングス(鼻パッド)は付けられていません。

しかし、クリングスが無いメガネは日本人の骨格だと、ズレてしまう事も有り
日常使いする上で不便と感じてしまいます。

 

Black×Gray

 

そこでALLEN Glassesにはクリングスを設置。

世界最高峰の技術を誇る福井県鯖江市の熟練した職人によって、
作られたayameとのWネームメガネは
日本人の骨格にフィット。抜群の掛け心地が魅力的なのです。

 

 

カジュアルな印象になってしまいがちなサングラスが多いですが、
こちらは全体的にシャープな印象なので、程よくスタイリングを引き締めてくれます。

 

Silver×Brown

Gold×Blue

 

かけるだけで一気に雰囲気の出るヴィンテージ感がたまらないフォルム。
[ayame]と[THE NERDYS]が共同製作した渾身の新作です。

ラウンドフレームにフラットレンズを採用し、
70年代のヴィンテージメガネを意識した造りになっています。

[ayame]×「THE NERDYS]のコラボラインの中では初の細いメタルフレームを使用しています。

 

 

フレーム素材は、強度に優れた軽いチタニウムを使用し、
かけていることを忘れるかのような軽さも魅力です。

チタンは錆びにくく、腐食しにくい素材であり、
汗や涙にも強い素材として知られています。

これから夏場多くの場所で活躍させることができるメガネです。

 

 

先セルの部分にはひっそりとTHE NERDYSサブロゴのメガネマークが。
拘りを持つ人にこそ、グッとくる細かなディティールです。

 

Silver×Brown

 

Gold×Brown

 

 

クリングス(鼻パッド)を採用することで、フィット感の向上を図っています。
鼻が低い日本人の骨格にもしっかりフィットするよう設計されており、

 

全体的に小振りでシャープな印象ですので、
男女問わず、似合う方が多いとか思います。

 

初めてサングラスに挑戦されるという方や、今年も一つ加えようと考えられている方にも
自信を持って展開できるラインナップとなっております。

是非この機会に店頭にてお試し下さい。

 

BIN Written by:

Comments are closed.