WHAT’S ABOUT PISTACHIO STUDIO

7/7(土)、BIN Tokyoにて開催される全く新しいライブイベント

PISTACHIO STUDIO
IN
BIN TOKYO

DATE

7/7(土)
13:00 Start / 18:00 Finish

PLACE

BIN Tokyo
東京都目黒区青葉台1-9-6

本日は、当日イベントを心ゆくまで楽しんでほしい!ということで、
まだ、各アーティストを知らない方の為にも
出演アーティストのプロフィールをご紹介していきます。

CBS

サンプリングを中心にした温かみのあるサウンドや、メロウな感触、
いわゆるシティ・ポップ的なサウンドとの親和性を感じさせる
ヒップホップ・アーティスト「CBS」。

CBSは、kyon、takaya、stsの3MCによって2005年に結成。
そこにバックDJとトラックメイカーとしてsuppleが合流し、CBSとして活動を展開しつつ、
並行してレコーディング・スタジオとして「ピスタチオスタジオ」を立ち上げた。
その中で初期のCBSの楽曲は制作されていたが、
suppleが帰郷することになり、ryo takahashiが加入。
またstsが活動を休止し、bashoがMCとして加入したことで、
現在のCBSが形づくられていった。

東京・神奈川を中心にライブ活動をしながら、
2012~2017年にかけ、bandcampにて5作品を発表。
2016年より ピスタチオスタジオのハウスバンド
「Chicken Is Nice」を従えバンドセットを始める。
同年、雑誌「warp」で”地に足の着いた普遍的な魅力を持った
ヒップホップ”としてpick upされる。
2017年7月に初CD化自主制作「Classic Brown Sounds」をリリースする。
1stアルバム『Classic Brown Sounds』から約半年後、
シングル「Stay Up All Night」をリリース。

 

CBS & Chicken Is Nice – WAVEY

本映像のCBS & Chicken Is NIceは彼らがバンド・セットでライブを行う時の名義で、
CBSのメンバーの他に神奈川県を拠点に活動する「ご近所録音チーム」ことPistachio Studioの面々が参加しています。

Pistachio ClubはCBSのメンバーの他に、
パブリック娘のバックDJやHOOLIGANZのメンバーとしても活動する%C、
同じくパブリック娘やchelmicoなどへのトラック提供も行うプロデューサー、
ryo takahasiなどを擁するクルー。
彼らのInstagramには日がなメンバーや仲間が集まり、
制作やセッションを行う様子が映し出されており、彼らの活動スタイルが窺い知れます。

本映像にもそんな彼らのスタイルが滲み出ており、
カフェの外で友達の女の子が暇そうに待っていたりと、
ゆったりとした雰囲気が流れている様は、
まるで日常の一部に音楽が溶け込んでいる様子を上手く切り取ったかのよう。
ちなみに本映像のプロデュース/編集は、
DATSやSuchmosのMVまで手がける映像制作チーム、
maxillaが担当しています。

 

TOSHIKI HAYASHI (%C) 

神奈川県相模原生まれ。
TAKUMA THE GREAT、万寿、BANCBSBUPPONchelmico、パブリック娘。等に
トラックを提供し数々の作品を送り出してきた。
また
HOOLIGANZLIVE DJとしても全国各地でLIVEをこなす。
2013年に1stアルバムを、201410月には2枚組インスト2ndアルバムをリリース。
HOOLIGANZとしても3枚アルバムをリリースしている。

 

インタビュー

https://spincoaster.com/interview-toshiki-hayashi

 

TOSHIKI HAYASHI (%C)「little life ft. Kan Sano & jjj」


tajima hal

 

東京、神奈川を中心に活動するビートメイカー。
2011年よりLAやヨーロッパのビートミュージックに影響を受け、
Instrumentalに重きを置いた楽曲制作を始める。
カセットテープレコーダーやビンテージサンプラー、
SP303といった機材を駆使したLo-Fiでザラついた質感で
ありながらも柔らかみのあるHipHopビートがトレードマーク。
日本人離れした洗練されたサンプリングセンスに加え
玄人好みの打ち込みセンスによって産み出される
独自のサンプリングミュージックは好事家のみならず国やジャンルを超えた各方面から評価されている。
そのサウンドはSoundcloudやBandcampで確認出来る。
またビートライブにもそのセンスは反映されており、
ヨーロッパ滞在時に出演したフランスのラジオ番組”LeMellotron”での
ライブ動画は約3年で34万回以上の再生回数を数えるほどの支持を得ている。
これまでにBandcampやCD、カセットテープで10枚のアルバムをリリース。
また先日には自身のレーベル”Hermit City Recordings”から
日本国内のビートシーンを代表するメンツを集めたコンピレーションアルバム”Beats in cycle”をリリースしたばかり。

 

 


Tajima Hal • SP404 Live Set • Le Mellotron

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

BIN Written by:

Comments are closed.