THE NERDYS × 吉村界人 HEART BEAT IN UNISON

「ダサさの中にあるかっこよさ」
コンセプトにブランド展開を行ってきたTHE NERDYS。
ブランド名にもある”NERD”=”オタク”的視点を持ったブランドであり、
音楽、映画、アート、カルチャーに造詣が深く、
いままでにもバンドを実際に結成させてライブ活動をしたり、
海外アーティストのファッションミュージックビデオの撮影を行なってきました。

今回THE NERDYSでは映画にフォーカスをあて、
「世界観の一部を切り取り形にする」という新たな企画を始動します。


THE NERDYS × 吉村界人 HEART BEAT IN UNISON

スペシャルコラボアイテムはこちら


初のセッションとなる今回タッグを組んだのは
独特なオーラを放つ注目の若手俳優吉村界人と新進気鋭の写真家ヨシノハナ

被写体として圧倒的なオーラを放つのは
演技派若手俳優として注目を集めている吉村界人

“吉村界人自身オタク要素があり、脇役でも存在感を放っている。”と語るデザイナー。
彼が発する独特なオーラや世界観に魅力を感じTHE NERDYSが声をかけました。
THE NERDYSの提案するメッセージ”ダサさの中にあるカッコよさ。”を
吉村界人が纏う、
そこにはファッションやカルチャーを愛する
者同士ならではの世界が広がります。


-吉村界人- 俳優
映画「ちはやふる」や「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」、
ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)や
朝の連続テレビ小説「半分、⻘い。」(NHK)、
「健康で 文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)など、
数々の話題作に立て続けに出演。
2018年には、「モリのいる場所」や「サラバ静寂」など
映画4作での演技が高く評価され、
第10回TAMA映画賞最優秀新進男優賞に輝いており、
今最も旬な演技派若手俳優の一人として注目を集めている。


カメラマンとして抜擢されたのは
今年3月に東京造形大学デザイン学部写真専攻を
卒業したばかりの気鋭の写真家、ヨシノハナ

大学在学中から装苑などの雑誌やブランドのLOOK、
LUMINEのキャンペーン広告を担当するなど活躍の場を広げる注目の写真家です。
自然光を活かした柔らかい雰囲気と
自然体のモデルを等身大で捉えた作風が特徴的なヨシノハナの作品。
昨年BIN Tokyoにて女子大生クリエーターを集め開催された「暇展」での展示も
記憶に新しい彼女が写し出す吉村界人×THE NERDYSの世界感は必見です。


-ヨシノハナ- 写真家
1996年東京生まれ。東京造形大学デザイン学部写真専攻 を今年3月に卒業。
元カメラマンの父の影響で写真を始める。
雑誌やブランドのルックを撮影するほか、
個展も開催するなど活動している新進気鋭の写真家。
LUMINEのキャンペーンの広告も担当。

HANA YOSHINO official HP
HANA YOSHINO official Instagram

2016年から展示、個展の活動を開始。
2016.6 「 “ucau”雨香 」gallery iro
2016.11 「 咲く 静けさとともに、儚く、凛と 」 a.b.cafe
2017.4 「 MEI – TEN 」池袋PARCO MUSEUM
2017.9 「 茜 akane 」gallery iro
2018.2 「 “ハナビラ”私が追いかけた風のなか 」表参道 ヒルズROCKET
2018.3 「 ヨシノハナexshibishon 」パーマネント
2018.4 「 暇展 」BIN
2018/5/28発売 7月号 「装苑」掲載


BIN TOKYO・TOYAMAでは今企画を記念し写真展を開催。
またスペシャルアイテムとしてPHOTO TEE2種類ポスターを販売します。

※コラボアイテムの発売はBIN Tokyo店頭のみとなっております。ご了承くださいませ。

《KAITO YOSHIMURA×HANA YOSHINO写真展 by THE NERDYS》

【展示期間】

6/14(FRI)18:00-21:00
レセプションパーティー at BIN Tokyo
※招待客を除く一般のお客様はご入場できません。ご了承くださいませ。

6/15(SAT)-6/23(SUN) 12:00-20:00
BIN TOKYO(東京都目黒区⻘葉台1-9-6)

6/29(SAT)-7/7(SUN) 12:00-20:00
BIN TOYAMA(富山県富山市中野新町1-3-2)

若いエネルギーとTHE NERDYSが融合した今回の企画。
世代は違えどファッション、カルチャー、
そして表現を愛する者同士が想いをぶつけ合った今回、

どんな化学反応が起こるのか、ぜひご自身の目で肌で、
どうぞご体感ください。

BIN Written by:

Comments are closed.